毎日使うランドセルにあると便利な機能とは?

小学校の通学には、教科書・ノート・筆箱・体操服・給食袋など、低学年のうちは特に小さな体ではこれだけの荷物を持って通学するのは大変です。

 

そのため、小学校1年生から6年間使うランドセルは、背負いやすく使いやすいものがいいですよね。

 

たくさんあるメーカーのランドセルには、さまざまな便利機能がついていますが、子どもにとって使いやすい機能とはどんなものがあるのでしょうか?

 

購入してから「あの機能があった方がよかった…」と後悔するよりも、「この機能があってよかった!」と子どもも親も満足のいくランドセルを選べるように、あると便利な機能を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

持ち手

小学校に入学してからランドセルを使うようになって、ロッカーなどの出し入れやランドセルの持ち運びをするときにあると便利なのが「持ち手」です。

 

ランドセルによっては持ち運びがしやすいように、肩ベルトの上に持ち手ハンドルがついているものがあり、大人がランドセルを持つという機会もあるため、持ち手がある方が大人も持ち運びがしやすく便利です。

 

しかし、あると便利ですがどちらでもいいという意見も多くあり、子どもが持ち手のついていないランドセルを選んだ場合には、持ち手がついていなくても気に入ったランドセルを選んであげてもいいのではないでしょうか。

 

オートロック

ランドセルの錠前を閉めるのを忘れてしまい、そのまま開いた状態で前にかがんでしまって中身が散乱してしまうなんてことがある子も多いのではないでしょうか。

 

そんな時にあると便利なのが、錠前のオートロック機能です。

 

ランドセルのかぶせを閉めることで自動的にカギが閉まる機能は、閉め忘れをして中身が散乱してしまうということがありません。

 

総内張り

ランドセルの内側は教科書を入れたりするだけで、外側のような汚れがつくことはそれほどないのでは?と思いがちですが、教科書の印刷のインクや筆箱から出てしまった鉛筆の黒い線、その他にも汚れたものをそのままランドセルに突っ込むということもあります。

 

このような汚れにも、総内張りになっていると中をサッと拭きとれて汚れが落ちやすくお手入れが簡単にできます。

 

フック

ランドセルの本体の横に給食袋などを吊り下げるときに使うフックに、吊り下げた袋などが自転車やバイクなどに引っかかったり、扉に挟まってしまって引きずられてしまうという事故を防ぐために、強い力がかかるとフックが自動的に外れるようになっています。

 

また、防犯用ブザー用のフックは、とっさに鳴らすことができるように肩ベルトの胸前の位置にあるもの、カギを持っていることが分かりにくくするために、カギを引っ掛けるフックが前ポケットの内側にあるものが防犯の面でもおすすめです。

 

A4フラットファイルサイズ対応

最近は、A4クリアファイルだけではなく、厚紙でできているA4フラットファイルを使用する学校が多くなり、A4フラットファイルファイルがランドセルに入らないと手提げ袋などに入れて持ち運ばなくてはなりません。

 

A4フラットファイルサイズ対応のランドセルにしておくことで、ファイルがランドセルに入ることで手に持つ荷物が減り、両手が空いて負担が軽くなり傘を持ったりしても安全に通学することができます。

 

 

ランドセルにあると使いやすくなる便利な機能

ランドセルだより 第9号

「ランドセルに挟んで持って帰ってくるものがあるので、かぶせの留め具が底にあるもののほうがよかった」
「A4フラットファイルが入るサイズのものにすればよかった」
「教科書が思っていたよりも重い」
「教科書以外の荷物が多い」
など、学校が始まってランドセルを使うようになってからじゃないとわからないことがあります。

 

あると便利だと思う機能は、あると便利であってなくても問題はないということでもありますが、基本的なランドセルの機能性と一緒に防犯面や安全性なども考えた、あると便利な機能がついているランドセルを選んだという意見が、サイト管理人の周りには多いように思います。

 

学校が始まってからも「この機能があるランドセルを選んでよかった!」と思えるような満足のいくランドセルを選んであげましょう!