超軽量モデルのランドセルの強度は?

小学校1年生の子どもの体はまだまだとても小さいので、重い教科書や荷物を毎日のように持って帰ってきてということを考えると、ランドセルはなるべく軽いものを選んであげたいと思ってしまいますよね。

 

子どもに負担がかからないようにということで、以前は600g程度の重さのランドセルも販売されていましたが、壊れやすかったり、多少重くても背中にフィットすることによって重く感じないランドセルが増えてきたことによって、最近ではあまり購入をする人はいないようです。

 

最近では、人工皮革の素材が使用された1kg前後のランドセルも増えてきていますが、軽いということで6年間使い続けることができるのか?と考えると、軽くてもすぐに壊れてしまうのでは困ります。

 

超軽量モデルのランドセルは、ランドセルの素材・芯材・部品などが軽量化されており、さまざまな工夫によってランドセルとして使用できるだけの丈夫さは保たれています。

 

しかし、軽いということは素材が薄いということもあり、6年間使い続けるためにはある程度の重さがあるものの方が強度があります。

 

超軽量よりも体感重量が軽いことが大切です!

体の小さい子どもにとって軽いランドセルというのはとても魅力的に思えますが、軽ければ子どもが背負ったときの負担が少ないのかというと実際はそうではありません。

 

軽いランドセルでも教科書などの重い荷物を入れると結局は重くなってしまうため、背負いにくいランドセルだと余計に重さを感じてしまうことになります。

 

ランドセルの重さよりも体で感じる重さが軽いことを「体感重量」といい、ランドセルの軽さを考えて選ぶときには体感重量が重要になり、サイズ・容量・耐久性・背中のクッションなどのバランスがよく、背負いやすければ疲れにくいので子どもに負担がかかりにくくなります。

 

小さな子どもにとって重要なのは、背負ったときに軽く感じるかということです。

 

ランドセルは背負うのは肩だけではなく、背中、お尻、すべてにおいて荷物の重量が分散されて背負っています。

 

靴で例をあげてみると、足を踏まれたときにスニーカーで踏まれるのと、ピンヒールで踏まれるのとではその面積によって痛みが全然違ってくるように、ランドセルの場合は体に密着しているほうが、荷物の重さが分散されやすいということになります。

 

子どもにランドセルをお店などで試して背負わせてみたときに、背カンが当たったりベルトの調節をしてもどこか窮屈であったりなど、体にうまくフィットしないことがあります。

 

  • ノーマル型

    昔ながらの形で、本体の底部分がお尻に乗ってしまいベルト上部がだらんとなりがちで、背中とランドセルの間に空間ができやすいため体が後ろに引っ張られ、体に非常に大きく負担がかり肩が痛くなります。

  •  

  • おんぶ型

    両肩と背中面の3点で支える形で、肩ベルト部分が立ち上がるリフトアップ機能によって肩や背中にかかる負担が軽減され、局部にかかる重さが均等化されるため体感重量が軽くなります。

  •  

  • ホールド型

    肩ベルト部分が立ち上がるリフトアップ機能に、ベルトとサポートパーツが工夫されたものがプラスされることで、背中と胸板にホールドすることで体とランドセルのフィット感が高まり、体感重量がおんぶ型よりも軽く感じます。

  •  

  • 荷重分散型

    登山用のリュックの持つ荷重分散機能が生かされた、肩ベルト部分が立ち上がるリフトアップ機能に、ベルトの上部に重量を体の前方に持ってくるための機能がプラスされることで、服を着たときのような形で荷物の重さが分散され、体への負担が非常に小さくなります。

 

肩ベルトの形状は機能によって違っており、体に沿うような波状のものや、クッションが入っていて肩に負担をかけないようななっているもの、肩ベルトを固定して体感重量を軽くするものなど、メーカーによってさまざまなタイプのものがあります。

 

子どもの体に合ったランドセルを見つけるためにチェックすることとは?

子どもが6年間使うランドセルだからこそ、きちんと子どもの体に合ったものを見つけるためには、親がきちんと子供がランドセルを背負ったときの具合を確認するために、きちんとフィッティングをすることが大切です。

 

正しいフィッティングとは?

身体に合っていないランドセルを背負うと、背中とランドセルの間に空間ができランドセルの重量が後ろにかかるため、その重さを前に持っていこうとするため猫背ぎみになります。

 

子どもが成長する大切な時期に猫背などの悪い姿勢はとらせたくないですよね?

 

身体に合った正しいランドセルのポジションは、身体の重心線とランドセルが平行になっており、背筋がぴんとなっていることがポイントとなります。

 

試しに背負うときは、子どもの体格に合わせてベルトを調節して正しい位置で背負い、ランドセルと背中に隙間ができないものを選ぶことが大切です。

 

ランドセルの重心が安定しないと、小学校1年生の小さな体は歩くたびにランドセルに振り回されたり、ランドセルが重く感じたりしてしまいます。

 

フィッティングをするときには、子どもの体に合っているかどうかを大人の目で見て確認してあげてくださいね。

 

通学で持って行く持ちものはどんなものがある?

毎日ランドセルを背負って学校へ行く姿をみると、ほほえましいような大きなランドセルを背負って重くないかな?大丈夫かな?と親は心配になってしまったりもします。

 

曜日によっても持っていくものや持って帰ってくるものが違ったり、イベントの時や学年が上がることによって必要になるものなど、できることならばそれらの持ち物が全部ランドセルに収納できれば、通学も楽になり両手があくため安全ですね。

 

それぞれの地域の学校によって、持っていくものや授業で使用するものなども違ってきますが、教科書だけではなくその他のもので意外とたくさんの持ち物があります。

 

学校へ毎日持っていくもの
  • 教科書
  • ドリル
  • ノート
  • 連絡帳
  • 筆箱
  • 下敷き
  • プリント
  • クリアファイル・フラットファイル(収納する場合)
  • 給食袋(ナフキン・マスク・ハンドタオルなど)
  • コップ(学校による)
授業や曜日によって持っていくもの
  • 手提げバック
  • 算数セット
  • 上履き
  • 体育館シューズ
  • 給食エプロン
  • 体操服
  • 鍵盤ハーモニカ・笛
  • 絵の具セット
  • 裁縫セット
  • 書道セット
  • 水着
天気によって持っていくもの

雨傘
レインコート
長靴

 

ランドセルに入れる教科書の量は、小学校1年生ではだいたい6冊程度と言われていますが、これにノートや他の副教材なども入るため、ランドセルの重さと合わせると、約3〜4kgとそれなりの重さになってしまうのです。

 

 

軽さでランドセルを選ぶなら体感重量の軽いものを

ランドセルだより 第8号

たくさんのメーカーのランドセルがあり、その中から子どもにぴったりと合うランドセルを選ぶには、軽いというだけではなく子どもが教科書を入れて背負ったときに重さを感じさせない工夫がどれだけされているか、ということがポイントになってきます。

  • 背負ったときに軽く感じる工夫がされているものを選びましょう
  • 試しに背負うときはベルトを調節して正しい位置で背負いましょう
  • ランドセルと背中に隙間ができないものを選びましょう

機能だけではなく実際に通学するときと同じようにランドセルにおもりを入れて、子どもがランドセルを背負ったときの背負いやすさなどを確認させてもらえるお店を探してみましょう。