2020年度から始まる小学校での英語の授業とは?

現在、すでに幼稚園・保育園のときから英語の授業が組み込まれているところもありますが、これまでの小学校の授業では、小学校5・6年になると外国語活動として、「英語に親しむ」「英語を楽しむ」ために聞いたり話したりする授業が行われていました。

 

 

2020年度に新しく施行される「学習指導要領」は、すでに2018年から一部実施されており、英語の授業は小学校3・4年生から始まり、小学校5・6年生ではさらに読んだり書いたりすることが加わり「英語」として成績がつくようになります。

 

小学校から英語が教科となる理由の1つには、2020年から始まる大学入試の内容にスピーキングやライティングの要素が積極的に取り入れられることになり、それに合わせて中学校や高校での英語も変わってくるということがあります。

 

地域やその学校によって取り組み方は違っていますが、小学生のうちから英語に慣れておくためにも、これからどんどん小学校での英語の教育が進められていくようです。

 

「使える英語」を身につけるための小学校の英語の授業とは?

英語に対する照れが少ない小学校3・4年生から英語に触れて、「英語に親しむ」「英語を楽しむ」ことでく積極的に英語を使えるようになって、英語が楽しいと感じられることができるようになるのはいいのですが、保護者としては実際に「英語」の教科として成績がつけられるようになると聞くと不安に感じてしまいますね。

 

実際に小学校で行われる「学習指導要領」による英語はどのような授業なのでしょうか。

 

小学校3・4年生「外国語活動」

 

2技能「聞く・読む」

    年間35時間

  • 英語の音声やリズムなどに慣れる
  • 英語の言葉としての表現のおもしろさに気づく
  • 英語の短い話を聞いて内容を理解できるようにする

 

小学校5・6年生「教科英語」

 

4技能「聞く・読む・話す・書く」

    年間70時間

  • 英語の大文字、小文字の読み書きができるようにする
  • 語順の違いに気づけるようにする
  • 簡単な語句や表現を使って自分の考えを書けるようにする

 

2020年から始まる学習指導要領を、2018年から既に一部取り入れて行っている学校がある一方で、小学校3・4年生からではなく低学年の小学校1・2年生から英語に触れる教育活動を行っている学校もあります。

 

サイト管理人の周りにいるママさんたちの話のなかには、幼稚園や保育園の頃は楽しそうにしゃべっていた英語なのに、小学校に入り高学年になるまで英語に触れる機会が減って、すっかり忘れてしまったというお子さんの話をよく聞きます。

 

やはり英語は小さい頃から少しずつ触れる機会を増やして、使える英語が身に付くように忘れないようにしていくことが必要なようです。

 

家庭でする英語学習、どんなサポートがいる?

小学校での英語の授業が楽しくなってくると、お子さんは家庭でも英語を使うことが増えてきます。

 

そんなときには、家庭でもテレビから聞こえた英語で聞き取れた単語があったり、言えたりした場合にはたくさんほめて「英語は楽しい」ということを教えてあげて下さい。

 

英語が苦手という保護者の方は、最近はたくさんの英語の動画やDVDなど、自宅で学習できる教材などもたくさんあります。

 

身近なお話しのイラストを見ながら英語の話を聞いたり、どんな場面でどんな表現をしているかなど、聞いたとおりにまねをしたり違うことに置き換えて話してみたりしてみましょう。

 

今までのような単語の暗記、文法の理解などだけではなく、中学生になるまでの間に親子で「英語を使うことは楽しい」という経験を一緒にして慣れていくことで、楽しみながら英語のコミュニケーション能力をアップさせていくことができるのではないでしょうか。