ランドセル使用されている素材で7割を占める「クラリーノ®」とは?

「クラリーノ」と聞くとランドセルに使用されているというイメージが強いのですが、ランドセルだけではなく靴・手袋・ジャケット・ソファーなど、本当にたくさんの身近なところで使用されていることに驚きます。

 

1961年頃から線維に新しい機能を持たせる研究がされ、その研究が試行錯誤しながらで進むなか、1965年クラレが世界で人工皮革の初めての事業化に成功しました。

 

クラリーノは天然皮革の構造をモデルにして、特殊な合成繊維を立体的に組み合せた不織布層に、主にポリウレタン樹脂を用いて表面をコーティングすることで、強さを保ちつつソフトさを損なわない素材になります。

 

1967年にクラリーノ製のランドセルが発売されてから50年以上経ち、「軽さ」「丈夫さ」「お手入れのしやすさ」という特徴を持っているランドセル用に開発された「クラリーノ」が広く知られるようになり、現在ではランドセルの約70%がクラリーノ製のものです。

 

クラリーノの特徴

 

軽い

ランドセルに入れる教科書や文房具などの荷物を入れると、ランドセルの重さに2〜3kgがプラスされてしまいます。
クラリーノは素材自体が軽くランドセルの重さを軽量化することができるので、子どもにかかる負担を減らすことができます。

丈夫

クラリーノは子どもが6年間ランドセルを使用するということが考えられ厳しい基準をクリアしています。
クラリーノのベースとなっている不織布層は、伸び縮みをして引っ張ったり引き裂き、折り曲げにも対応できるため、耐久性が高く元気な小学生の子どもが6年間使用するランドセルにぴったりの素材です。

お手入れのしやすさ

クラリーノの表面はウレタン樹脂なので耐久性が高いので、雨などで表面が水に濡れてしまっても型くずれや重くなってしまうことはなく、軽く拭き取ればもとの状態に戻ります。
表面が汚れてしまった場合にも、水で薄めた中性洗剤で汚れを拭き取ってから、硬く絞った布で水拭きをすることで汚れをとることができます。

 

クラリーノ®種類別の特徴とは?

ランドセル用に使用されているクラリーノには6つの種類がラインナップされており、それぞれの特長を生かして、この6種類をベースに様々な表面加工をすることで目的別に使い分けられています。

 

クラリーノ®

風合い ★★

軽さ  ★★★

耐傷  

一番軽いロングセラーの素材で、クラリーノの基本となっている人工皮革です。

クラリーノ® エフ

風合い ★★★

軽さ  ★★

耐傷  

クラリーノよりも牛革の持つしなやかさや風合い、シワなどを強く出した光沢のあるタイプの人工皮革で、軽くてしなやかなベストセラーの素材です。

クラリーノ®

レミニカ®

風合い ★★

軽さ  

耐傷  ★★

傷に強いタイプのクラリーノで、牛革のような風合いのままで光沢のある表面にウレタンが使われ、表面が傷に強くて丈夫な素材です。

クラリーノ®

タフロック®

風合い 

軽さ  

耐傷  ★★★

放り投げたり、どこかに少しこするぐらいでは大きな傷がつくことがない、ハードな傷に強い最も丈夫なタイプの素材です。

クラリーノ®

リピュート®

風合い ★★★

軽さ  ★★

耐傷  

レミニカかタフロックほどの耐久性はありませんが、その分軽くしなやかさと高級感を兼ね備え、表面にメタリック加工をすることで、牛革の風合いも持ちつつ独特なカラーリングができる素材です。

クラリーノ®

ロベニカ®

風合い ★★★★

軽さ  ★★

耐傷  ★★

背面の部分の素材で、新開発のマイクロファイバーを採用した高強力な人工皮革で、通気性、抗菌機能、天然皮革のような風合いを手触りの素材です。

 

クラリーノ® エフの他の種類

 

  • クラリーノ® エフ 2

    シワ感を失くし、その分光沢を抑えた素材です。

  • クラリーノ® エフ 3

    シワ感を失くし、光沢のある表面加工をした素材です。

  • クラリーノ® エフ レインガード Fa

    クラリーノ エフにフッ素樹脂コートではっ水加工をすることで、撥水性をさらに高めた素材で、高級感がある繊細な表目仕上げになっている素材

  • クラリーノ® エフ レインガード Fx

    クラリーノ エフにフッ素樹脂コートではっ水加工をすることで、撥水性をさらに高めた素材で、高級感がある繊細な表目仕上げになっている素材

  • クラリーノ® エフ レインガードニューモST

    撥水加工がされて雨に強く、質感がクラリーノ エフに似た傷に強い構造の素材

 

クラリーノ® ロベニカ®

 

ランドセルの背あての部分は直接お子さんの背中にあたる部分で、夏などはとくに蒸れてしまうこともあり背中にあせもができてしまうなんてこともあります。

 

そのため、通気性に優れており、丈夫でしなやかな「クラリーノ® ロベニカ®」は背裏の素材としてを使用されています。

 

クラリーノ®ロベニカ® の特徴

通気性

抜群の通気性と抗菌機能がついているので、夏の暑い日でも背中の部分が蒸れることなく快適に背負うことができます

丈夫で強い

新素材であるマイクロファイバーが使用されており、生地の丈夫さは今までのクラリーノR ロベニカの約2倍の強さが実現されました

風合い・手ざわり

天然皮革に近い断面であるクラリーノRロベニカは、風合いや手触りが天然皮革に近くなっています。

※出典画像:クラリーノ公式サイトより

 

人工皮革のクラリーノは撥水性が高く汚れも簡単にさっと落とすことができるので、汗なども濡らした布でさっと拭くことができるのでお手入れも簡単です。

 

毎日背負うランドセルは、背負いやすく快適にすごせるものをと考えているなら、人工皮革の「クラリーノ®」が素材になっているランドセルを選んであげたいですね。

 

クラリーノ®についてのまとめ

サイト管理人がランドセルを使用していた時代には、クラリーノは傷がつきやすい素材と言われていたのですが、現在ではさまざまな研究がされ、クラリーノという素材を知るほど「軽さ」「丈夫さ」「お手入れのしやすさ」という面でびっくりするような素材となっていてびっくりです。

 

サイト管理人の周りのママたちに聞いたところ、やはりほとんどのママが「軽さ」「丈夫さ」「お手入れのしやすさ」で、クラリーノが素材となっているランドセルを選んでいるママさんたちがたくさんいました。

 

親としては重いランドセルを背負うことによる子どもの体への負担の軽減させるために、素材が軽いクラリーノのランドセルにすることで、子どもへの体の負担を減らすことができ、さらに子どもの好きなデザインやカラーのものが選べるというのが大きなポイントとなるようですね!