親子で違ったランドセルを選んでしまうのはどうして?

ひと昔前のランドセルは、男の子は「黒」、女の子は「赤」が定番になっていたので、色に関してはそれほど悩みはありませんでしたが、近年、ランドセルの色やデザインが豊富になり、販売店などにたくさん並んでいるランドセルを見るとどれがいいのか悩んでしまいますね。

 

たくさんある色やデザインのなかで、親子で気に入ったランドセルが違ってしまうということはよくあるようで、親は6年間使うことを考えて機能性や丈夫さ、背負いごこちなどを見て選ぼうとするのですが、子どもはやはりパッと見たときの印象で選びがちです。

 

そのため、親子で楽しく選びたいのに気に入ったランドセルが違ってしまい、特におしゃれにも敏感な女の子の場合は特に自分の好きな色やデザインなどにこだわりを持っている子は、親と子の意見が対立してしまうということが起こってしまいます。

 

親子の意見で対立するトラブルで多いのは「色」!

ランドセルの色は、最近では個性的な色のものを選ぶお子さんも増えてきているので、定番の黒系や赤系ではないため目立ちすぎてしまうかも?という心配は減ってきました。

 

しかし、親からすると「本当にこの色を選ぶの!?」と心配になってしまうようなこともあり、選ぶランドセルの色によっては高学年になっていくにつれ後悔してしまうということもあります。

 

そこで、サイト管理人の周りにいる実際にランドセル選びでお子さんと意見が対立してしまったという、ママさんの口コミを集めてみたので参考にしてみてください。

 

お子さんと意見が対立してしまったママさんの口コミ

 

 

 

Aさん
息子を連れてランドセルを選びにいったところ、たくさん並んでいるランドセルの中から息子は、目立っていたシルバーのランドセルを気に入ってしまいました。
好きな色を選ばせてあげたいと思う気持ちはあるものの、親としてはついシルバーではない色を…と思ってしまい「通うことになる学校ではこの色はダメみたいだよ」と言って落ち着いた色のランドセルを選ぶことになりました。


 

 

Bさん
息子を連れてランドセルを選びにいったところ、最初は4万円代〜5万円代の黒系のランドセルを実際に背負ったりしていたのですが、どこから持ってきたのか「これがいい!」と言って見せられたのが同じ色のデザインが違う8万円近くするランドセルでした。
さすがに、高いので4万円代〜5万円代までのものにしてもらおうと誘導したもののダメで、結局私と夫の両親にお祝いで助けてもらいなんとか購入しました。


 

 

Cさん
「お友達も水色にするって言ってたからこの色がいい!」と娘が最初に選んだのは水色のランドセルでした。
親としては汚れも気になるし「こっちの方がかわいいよ」と赤系のランドセルを進めてなんとかその気にさせました。
実際に背負って学校へいくようになってからは、周りにいる子たちも赤系のランドセルを持っている子が多く、刺繍も可愛いものが入っているものを選んだので今はお気に入りのランドセルになっています。


 

 

Dさん
最初にランドセルは濃い目のピンクがいいと言っていた娘が、たくさん並んでいる他の色のランドセルを見ていたら目移りしてしまったようで、パープルや水色、ブラウンなども気になりはじめました。
私は濃いめのピンクのランドセルがいいと思っていたので悩んでいたところ、販売店の方に「今日は購入せずに、それぞれの色のランドセルを背負った写真を撮って、自宅でお子さんと一緒に写真を見てみるといいですよ」と言われました。
実際に撮った写真を自宅で見てどれがいいか選ばせてみたら、娘は結局最初に選んだ濃いめのピンクを選んだのでホッとしました。


 

 

Eさん
飽きのこない色やデザインのシンプルなランドセルを選びたい私と、パールピンクでかわいい刺繍が入ったランドセルが欲しい娘とで意見が分かれましたが、「好きなデザインや色のランドセルカバーをつければいいんだよ」と言って、かわいいランドセルカバーの画像などを見せて、結局赤系のシンプルなデザインのランドセルで納得してくれました。


 

親子の意見が違わないようにランドセルを選ぶ前にやっておくべきこととは?

たくさんの色やデザインのランドセルがあって迷ってしまうランドセル選びですが、親子で意見が違ってしまわないように、ランドセルを選びに行く前にやっておいた方がいいことがあります。

 

ますは、ランドセルを選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

  • 高学年になっても飽きずに使える色やデザイン
  • 背負いやすさ
  • 丈夫さ
  • 素材
  • A4フラットファイルサイズ対応
  • 6年間保証

 

多くのメーカーで、たくさんの色やデザインのものが揃えられていますが、メーカーによって微妙に違いがあります。

 

ランドセルを選ぶときのポイントを押さえたうえで、メーカーの公式サイトをチェックしたりカタログを請求したりなど、子どもと一緒にどのランドセルがいいか、ある程度メーカーを絞っておいてから実際に販売店などで見て、背負ってみるといいのではないでしょうか。

 

地域によって学校で色の指定があったり、指定はされていなくても男の子は黒系、女の子は赤系が多いという学校があったりする場合もあるため、お子さんが通学することになる学校に事前に聞いてみたり通学風景を下調べしておくと安心ですね。