働くお母さんを悩ます「小1の壁」ってなに?

それぞれの家庭によるとは思いますが、両親そろって仕事をしているというところは現代では普通になってきました。

 

幼稚園や保育園を卒園して、小学校に入学したときにぶつかる問題が、「小1の壁」です。

 

 

子どもが小学校へ入学するのと同時に、仕事を続けていくことが難しくなってしまい、仕事を辞めるというお母さんが多くなるため「壁」と言われているようです。

 

この「壁」と言われる問題にはどんなものがあるのでしょうか。

 

小学校1年生の下校時間

小学校へ入学してから2週間ぐらいの期間は、給食はまだなく午前中で授業が終わりますが、授業といっても、まずは学校へ慣れるための2週間といってもいいかもしれません。

 

地域によって違うのかもしれませんが、まだ学校に慣れないこの2週間は、子どもの下校に親が通学路の途中まで迎えに行く、という形をとっているところも多いようです。

 

午前中だけの授業のときにお迎えに行くことは、働いているお母さんにはなかなか厳しいことなので、ここは近所に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃん、または近所の人などにお願いできるのならばお願いしたいところです。

 

2週間を過ぎてからの下校時間は、給食が始まりだいたい14時〜15時です。

 

学童の運営時間が短い

下校する時間帯に自宅に誰もいない場合、おじいちゃんやおばあちゃんが近所にいたり一緒に住んでいる家庭は、1人で留守番をさせなくてもいいのですが、子どもを見てくれる人が周りにいない場合は学童保育へ入所ということになります。

 

保育園で子どもを預かってもらっていたときには、自治体が運営しているところではだいたい19時頃まで預かってもらえるというところが多く、民間で運営しているところではもっと遅い時間まで預かっていてくれるところがあります。

 

しかし、小学校へ入学してからの放課後に預かってもらえる学童保育の時間は、自治体が運営しているところは、平日は下校時間から17〜18時頃までが一般的です。

 

自治体が運営している学童でも時間延長できますが、月極で延長利用の契約をするところが多いようです。

 

民間の学童保育で18時以降も預かってくれるところもあるようですが数が少ないため、自治体が運営している17時〜18時に帰宅するというところがまだまだ多いようです。

 

そのため、親が仕事から帰ってくる前に、子どもに鍵を持たせて1人で自宅で留守番をさせるという家庭もあるようです。

 

親が参加したり確認をすることが増える

小学校へ通うようになると、毎日持っていく教科書やノート、体操服、補助教材など、保育園や幼稚園のときよりも持ち物が多くなります。

 

小学校1年生は、まだまだ自分1人で忘れ物をしないような準備をすることは難しいので、学校生活に慣れるまでは一緒に確認をしながらで親のサポートが必要です。

 

宿題や課題や学校の授業で必要な持ち物の用意など、親のフォローがいるものがたくさんあり、学校から配布されるプリントなども気にすることも必要になってきます。

 

PTA役員、保護者会なども平日にあり、授業参観などの学校行事もあり、働いている職場がこのような行事に理解のあるところならばいいのですが、それでも休みを取りにくいと思う人が多いようです。

 

「小1の壁」を超えようとするには、職場や家庭の事情でなかなか難しいという環境にあるお母さんも多く、子どもの入学とともに仕事を辞めなくてはいけないという人もいます。

 

それでも、今まで続けてきた仕事を続けられるように、低学年の間はなるべく学童保育を上手に利用して、どうしてもというときに頼める人を作り、仕事を続けられるようにしたいですね。

 

2015年から全学年が対象になった学童保育をどう利用する?

1人でまだ留守番をさせるのが心配な年齢である低学年のうちは、親が帰ってくる時間まで学童保育に預けることができれば安心です。

 

以前は、学童保育に入所できる学年は小学校3年生までが対象だったので、小学校4年生になったら鍵を持たせるという家庭が多いようでした。

 

しかし、2015年度に学童保育は小学生全員が対象になったので、現在は小学生の間は学童保育を利用するという家庭も増えましたが、高学年になると習い事なども自分で行けるようになってくるので、やはり学童保育を利用するのは低学年の子どもを持っている家庭が多いようです。

 

両親とも仕事をしている家庭では、春・夏・冬休みがあるため、子どもを預かってもらえる場所を確保しておかなければいけません。

 

学童保育へ入所させる予定でいる家庭では、自分で着替えや身支度などの身の回りのことができるように、少しずつ練習をしておいた方が子どもも慣れない環境でスタートするにはいいのではないでしょうか。

 

学童保育に入れる予定がある場合、ほとんどの地域では11月頃に申請書類の資料の配布や申し込みが始まるので、10月頃には自治体のホームページをチェックしておきましょう。

 

子どもに鍵を持たせるならば安全・防犯対策がされたランドセルで

低学年の子どもに鍵を持たせるというのは、鍵を失くしてしまうことがあるかもしれないということや、鍵を開けるときに不審者がいたりしたら…なんてこともないとは言えないため、その子どもの性格にもよりますが、安心して鍵を持たせるということはまだ難しいように思います。

 

ランドセルのポケットに入れておくことで、鍵を失くしたりする可能性は低くなるのですが、子どもはランドセルをおろして蓋を開けてから、鍵を取り出してまたしまうという行動が面倒だからと、鍵でドアを開けたあとにその辺に置いてしまったり、そのまま鍵穴にささったまま、ということもあるかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、ランドセルの肩ベルトについている金具に伸び縮みするリール式キーホルダーをつけて、ベルトに固定できるキーケースをつけることです。

 

伸び縮みするリール式のキーホルダーがあれば、ランドセルを背負ったままで鍵を取り出すことができるので、落とすことも失くすこともないので安心です。

 

そのまま外に鍵がでていると犯罪に巻き込まれてしまうことがあるかもしれないので、ランドセルの内ポケットの中やキーケースの中にしまっておくことで、犯罪に巻き込まれてしまうリスクを減らすことができます。

 

安全・防犯対策がされているランドセルとは?

子どもが1人で留守番ができるような年齢になったときに鍵を持たせることになりますが、毎日の登下校や留守番をしているときも含めて色々な危険が潜んでいるので、大丈夫かな?と不安に思ってしまいますよね。

 

子どもが1人で鍵を持つときには、犯罪や事故から子どもを守れるように、子どもに安全や防犯について話をすることや、近所の人に声をかけたり、それまでにとれる対策をしておくことで子どもを守ってあげたいですね。

■鍵を1人で持たせるまでに練習すること

  • 少しの時間から1人で留守番をすることに慣れさせること
  • 鍵を使う練習をする
  • 親の携帯や職場に連絡が取れるように電話をかける練習をする