学校から帰ってきてからのランドセル置き場はどこ?

小学校へ入学のためのランドセル選びが終わり、毎日お気に入りのランドセルを背負って通学している子どもたちですが、帰ってきたときにランドセルを玄関やリビングに置きっぱなしになってはいませんか?

 

ランドセルが置きっぱなしになってしまう1番の理由は「ランドセルの定位置が決まっていない」ということにあります!

 

 

自分の部屋を持っているお子さんの場合、入学に向けて学習机やランドセルを収納するための収納棚なども準備されていると思います。

 

しかし、学校生活が始まると学校から帰ってきてもランドセルを自分の部屋に持っていくことはせず、そのまま玄関やリビングに置きっぱなしで散らかっているため、お母さんはイライラがとまらない…という話をよく聞くことがあります。

 

せっかくランドセルを収納できる場所を作ったにもかかわらず、なぜ自分の部屋に持っていかないのか…。と親は思うのですが、実際の子どもの生活をたどってみると、ほとんどのお子さんが帰宅後は自分の部屋ではなくリビングで宿題をしており、自分の部屋に入るのは寝るときだけなんてこともあるのです。

 

では、小学校へ入学したばかりで自分の部屋に勉強机や収納棚があるお子さんの場合、どんなことを考慮してランドセル置き場を作れば、お子さんがきちんとランドセルを収納することができるのでしょうか?

 

@玄関に置き場を作る
登校するときにランドセルをすぐに持って出られ、帰ってきたときにすぐに置くことができるのですが、宿題をするときにリビングに持っていかなければいけないため、結局ランドセルはリビングに置きっぱなしになってしまいます。

 

Aリビングに置き場を作る
学校から帰ってきて玄関からリビングまでランドセルを持っていかなければいけませんが、リビングで宿題をするときにランドセルを動かさなくてもすみます。

 

この時点でランドセルを置く場所はリビングの方がいいということになりますね。

 

とくに小学校1年生のお子さんは親と一緒に宿題をやるという子が多く、自分の部屋で宿題をしていてわからないことがあったときにわざわざリビングまで来るよりも、最初からリビングで一緒に宿題をやっている方が子どもも親も気が楽ですよね。

 

低学年のうちはリビングの一角に、もともとある家具やカラーボックスなどを使用して学習用品やランドセルの置き場を作り、学習スペースなどを作って定位置を決めてあげるといいのではないでしょうか。

 

リビングにクローゼットなどの収納がある場合には、クローゼットの中に学習用品やランドセルを収納すれば、目隠しもできるのでいい収納場所かもしれません。

 

高学年になってくるとだんだんと自分の部屋がほしい年齢になってくるので、そのときには学習用品やランドセル置き場も自分の部屋にもどしてあげましょう。

 

子どもにおすすめの学習机はシンプルなものを

小学校へ入学するときの準備をするときに、学習机を購入するというご家庭は多いと思いますが、「大きな学習机を購入したものの物置になっている」というご家庭も多いのではないでしょうか。

 

低学年でリビング学習をしていて自分の机はほとんど使わなかったお子さんも、中学生にもなると定期テストなどもあり自分の部屋で勉強をするようになってきます。

 

ランドセルを選ぶときと同じで、低学年のうちはキャラクターや可愛いランドセルでもいいのですが、小学校3年生ぐらいになるとだんだんと可愛すぎて後悔するようになるお子さんが多いようです。

 

そのため、小学校入学のときにはキャラクターの入った学習机や可愛い学習机などを選びたくなるのですが、お子さんが大きくなったときにも使用できるようにと考えると、シンプルでコンパクトな机やラック、カラーボックスなどを組み合わせたものがおすすめです。

 

最近は、省スペースでPC台としても使用できるような学習机や折り畳み式の机など、部屋のスペースなどにも考慮したものがたくさんあるので、それぞれのご家庭にあった長く使用できる学習机をお子さんに選んであげましょう。

 

新一年生のリビングスペースづくりとは?

小学校へお子さんが入学するための準備として、教科書や文房具だけではなく本当にたくさんのものが必要になってきます。

 

ものが増えてくるとやはり家のなかは限りあるスペースであるため、身の回りのことが一人でできるようになるためにも、どうやって持ち物を収納して次の日の学校の準備をするのか、親子で試行錯誤しなければいけません。

 

それぞれのご家庭の生活スタイルやお子さんの性格などがあるため、ストレスがたまらず無理のないランドセルの置き場所や収納の仕方を色々と試してみて、お子さんが自主的に行動ができるような方法を探してみてくださいね。

 

身のまわりのことをお子さんができるようになると親も楽になりイライラも減ってくるため、最初は大変ですが親子で楽しくお子さんが身のまわりのことができるようにしていきましょう。